トピックス 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017

「木工作品で気付いたこと」(2017.6.1更新)

 

先日参加した「表現する遺伝子展」では

久しぶりに木工の作品を制作したのですが、

その中でふと、なんだかいつもと違うな、

と感じることがありました。

 

その理由を考えてみると、

元の状態から”切り取る”ことで模様を作っていく

「引き算」のカービングに対して、

今回のような木工では、様々な板や色を組み合わせ

”増やして”いく「足し算」だ、というあたりが

関係しているように思います。

 

たまに作品の手法を変えてみると、

いつもと違った感覚で物作りができて

楽しいですね。

 

こうして違った手法を行き来することで

それぞれの特徴や面白さを再確認し、

どんな手法にしても「目に楽しいものを作る」ことに

活かしていけると良いな、と思ったのでした。

 

*画像をクリックすると拡大します。

 

 

 

 

 
写真・画像の無断転載・二次使用を禁じます。
Copyright © 2017 atelier SATO All Rights Reserved.